スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内モンゴル旅行?

草原に着いてやっとゆっくりできるぅ~
と、思いきや
「早く荷物を各自のパオに置いてすぐ昼食」
との指示が。

微妙にまだ、おなかすいてないし。

昼ご飯は、
パオ(モンゴル族などの遊牧民の住居。フェルト張りの饅頭型組み立て式のもの)を
模した外観の食堂で食べた。

どうやら、ここの宿泊客は全員ここで食べるしかないらしく
すごい人であふれ返っていた。

外観は、パオかも知れないが、中に入ってしまえば、そっけない丸型倉庫。

テーブルにつくと、メニューは無く、決まった食事が運ばれてきた。
よく見ると、周りのテーブルも全くおんなじメニュー。

「ヒツジ」や「チーズ」のオンパレード o(*°∀°)o
ではなく、

フツー

の中華。

しかも

まずい。。。

だいたい、中華料理はどこで食べてもそんなにハズレってないんだよぉ

まずいゴハンに付け加えて、なにやらモンゴル族風の従業員たちの
カラオケショーが始まった。

アラブ系の留学生たちが、やけくそでヒュ-と口笛を鳴らし、盛り上げる。
一方、日本人留学生たちは黙々と食べられるゴハンを選び食事中だ。
私はつくづくそんな日本人が大好きだ。

食事休憩はなく、
「馬に乗るぞ!」
との指示が。




1時間50元。(日本円で350:これでも観光地価格、高い)


従業員に引っ張られて、ぐるっと草原を周るコース。

引っ張られてちょうど中間地点に指しかかると雲行きが怪しくなる

と、そのとき、引率していたおじちゃんの雲行きも…
そして、おもむろに

「金をくれ」

でたぁ~、強引なゆすりだぁぁぁぁ\\\\\( ̄∀ ̄;)
(以下「実録内モンゴルの空の下で」)

わたし:  「降りたらみんなで一緒に50元払うよ」
おじちゃん:「いや今払わないとヤバいんだ」
わたし:「え、なんで??」
おじちゃん:「なんでじゃなくて、今払うんだ。みんなそうだ」
わたし:「え?うそぉ」 
(ここで周りを見渡すと今まで回りにいた留学生たちからかなり離れたところに
連れてかれてることに気づく( ̄□ ̄*)!)
おじちゃん:「今払わなかったら、ここから動かないぞ。降ろしてやんないぞ。」
わたし:「。。。。。」
払う様子のない私を見て、(そもそもほんとにお金持ってなかった。。。)しびれを切らしたおじちゃん曰く
おじちゃん:「おれたちの取り分は、50元中5元しかないんだ、
       それじゃあ暮らしていけないんだよぉ。
       だから、少しでもいいからくれよぉ」

と切々と訴え始めた。

もちろんここで「そう?」などと同情し払ったりしたら、最後。
結局馬を下りたところで、今度は別の人に50元払えと言われ
まんまと彼らの罠にはまることになる。

わたし:  「お金もってきてないもん」
おじちゃん:「…そっかぁ」

と最後はすんなり諦めてくれた。

後から聞くと、全員やっぱりゆすられてたらしい。
中国に来たばっかりの留学生のなかには、

「なんか素朴そうな人だったのにぃ」
と、ショックを受けてた人もいた。

いつの間にか、こんな出来事にショックも受けないし、
それどころか、うまくかわすことができるようになっている。

そんな自分ってどうなんだろう?

宿泊先のパオに戻る頃にはすっかり寒くなる。
パオは6人部屋。
といってもかろうじて布団が6客敷けるという意味で。



完全なる観光用でなんと、鉄筋。
隙間風ビュービュー
寒い。

それから、
やる気の無い「馬レース」と
小学生の喧嘩のような「モンゴル相撲」
を観戦。



その頃にはすっかり日も落ち、寒くて観戦どころではなくなる。
そんな観光客の足元を見るように軍服コートを30元で貸し出している。
ほぼ、老いも若きも中国人も外人もほぼ100%着用しているところをみると、   
このコートレンタルは結構な収入になっていそうだ。(写真の緑色の中綿コート)

夜は「キャンプファイヤー」
と聞き、楽しみに行くが、
火は細々と隅っこでかろうじて燃えてるだけで、
メインの野外ステージでは
昼食の時とさほど変わらない歌や演奏が繰り広げられていた。



寒さに耐えかね、パオに戻る。

裸電球がまぶしいから、傘で明かりをやわらくして寝る



夜中カミナリと激しい雨で何度か目を覚ます。
あ~とりあえず早くシャワー浴びてぇ。
なんだかウマくさい。

(つづく)
スポンサーサイト

内モンゴル旅行?

つい先日学校主催の内モンゴル旅行に行ってまいりました。
メンバーは日本人、中国人、アラブ系の留学生。


いままで、「団体旅行」という旅行をしたことない私にとっては、
旅行から帰った後、
 
「旅行どうだった?」と聞かれるたび
「まあまあ‥‥」 
と答えてしまう。 

そんな旅となりました


一日目。

夜9時発。
北京から寝台列車で一路フフホトへ。


去年の夏に乗った成都→北京(48時間、冷房なし。扇風機あり、ただし動かず。)
みたいな列車に比べると、超快適。
冷房もいい感じに効いている。

さらに、列車員たちがみんなモンゴル族風の制服を着ているのもいい感じ。
自然とテンションもあがる。心憎い演出。

ちょっと涼んで、すぐ就寝の準備に取り掛かる。

なぜなら、中国の寝台列車は、列車員が時間になると何も言わず「カチッ」と
車輌の電気を消しに掛かる。
しかもその消灯時間はたいていその列車員の気まぐれだったりするのだ。

日本の寝台だったらそれぞれのベッドの小脇にライトなんか気の利いたモノが
あろうと思われるが、
中国の寝台はたいていそんなモノない。(最新のはあったりする。だからないと思ってる分
すごいうれしくなり、必要以上に利用してしまう
一方、この旅行の引率の事務室の中国人たちは、列車に乗ってすぐ酒盛りを始めている。

布団にもぐると、すぐ意識がなくなる。


二日目

朝、起きたら到着30分前。
それにしてもよく寝た。
列車の揺れはなんでこんなに気持ちよく眠れるのだろう?

そそくさと顔を洗って、歯を磨く。

フフホト駅では、バスとガイドが待ち構えていた。

個人旅行しかしたことのない私にとってはどっかの要人にでもなった気分。
「こちらにお車のご用意が‥」
「お食事はこちらへ‥」
らくちんらくちん

いつもだったら、
まず到着すると
?しつこい客引きを追い払い、
?怪しい白タクにつかまらないように、重い荷物をひっさげて
ちょっと離れたタクシー乗り場でタクシーをひろい 
?宿を探す。

これは個人で旅をするときには移動するたびにしなきゃならないから
結構大変だったりする。


バスに乗ると、そのまま3時間くらいかけて「どこかの草原」へ連れて行かれる。

「どこかの草原」
そう、未だどこの草原に行ったのか分からないのだ。


つまり、学校主催の旅行→中国人主催の旅行→( ̄□ ̄;)

この後も、何の説明もなくいろいろなところを連れまわされ、
多くの人が体調不良を訴えていくのである。


(つづく)


超級女声だもの。

せっかくブログ頻繁に更新することを誓ったのに
このありさま…

?

もうしわけない。(´A`。)

?

で、10月某日のはなし。

?

日本でも多少話題になった(?)『超級女声』

のコンサート北京コンサートに行ってしまいました。

?

『超級女声』とは、いわゆる女性歌手発掘オーディション番組。

歌が好きな女子であれば、誰でも参加できるということで、

下は6歳くらいの子から上は80歳くらいまでのお年寄りが

参加してました。

?

番組では第1審査から放映し、歌が好きであれば「誰でも」という

広い枠に多重多様な女子達が出場し、

歌が上手い人もいれば、?な人たちも出場していて

それはそれはおもしろい。

審査員の厳しいコメントと溢れる参加者の熱意が

へんなバランスで繰り広げられていて

とりあえず『超吸女声』のある日はテレビにかじりついてました。

?

しかもこの番組、半年以上の長期スパンの番組だから

みている内に知らず知らず特定の子を応援したくなるから良くできている。

?

だって10代の女の子って半年もすれば成長すさまじいよ。

勝ち抜いていくごとに前より歌上手になったなあとか

キレイになったなあ、とか。

?

で、すっかりはまったわたしは、何万人という激戦を勝ち抜いた

「ベスト3とその他数名の超級女声」のコンサートに行ったというわけです。

?

正直中国でちゃんとしたコンサートに行くのは初めてで、ちょっと緊張( ̄。 ̄;)

会場の工人体育場(アジアカップ中国VS日本決勝戦の会場)に行くまでに

人人人…

初詣ばりの人の波に流されるまま会場前に到着。

?

が、チケットはない。

?

で、買うわけですよ。

?

ダフ屋の方から1枚200元のを100元くらいで買おうとしばらく攻防戦を繰り返す。

?

で、開演して少し経ってからやっと1枚100元で譲ってくれるというおっちゃんを発見。

すぐ購入し、超級女声の歌声が鳴り響く会場まで猛ダッシュ!!

?

が、、チケットを差し出すと。

?

「これ、ニセモノだよ。」

?

げ・・・・・・・・・(´A`。)

?

つかまされたぁーーーーーーー

?

かすかに聞こえる、切符もぎりのお姉さんたちの

?

「あの日本人かわいそう・・・」

という同情の声を後ろに聞きながらトボトボと帰宅・・・・

?

せずに、正規の(?)切符売り場で額面はさっきとおなじチケットを200元で購入。

無事コンサートを拝むことができたのです。



?でも、結局200元のチケットを300元で買ったことになり、

しかも開演後に入ったから、すでに自分たちのせきには知らない人がいるし。

で、人がいないところ、というといっちばん後ろの席。(50元の席だとおもう)

?

米粒にもみたない彼女たちの姿をみて、かなしいやらうれしいやら。


しかーもっ!


後ろでさせてるわけですよ。

おしっこを。


コンサート会場で!

ありえない(´A`。)


?

?なんかこっちに流れてくるぅぅぅぅーーーー

?

結局この日帰った後、夜中に『超級女声』の再放送をみて

変な消化不良を解消し、

やっぱテレビでいいや。っと納得した一日でした。


しょーがないよ。

ダフ屋にだまされても・・・

コンサート会場でおしっこさせれても・・・


だってここは


中国だもの。。。

?

?

?

?


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。