スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人のSOS

<四川大地震>被災地の畑に「SOS」…孤立住民が救助求め

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080530-00000082-mai-cn


中国人がSOSっって単語知ってる訳ないじゃん。


このニュース見た時に 速攻思った。


しかも農民。


中国人は一般的にほっとんど英語が通じません。


ギリギリ 「ハロー」「サンキュー」は通じるかな?レベル(都市限定)




いやあ 世界的には災害救助を求める時は「SOS」ってベタで確実な方法だよ。


かくいうわたしも中学の臨海学校船の山登りで集団遭難して


石で「SOS」って並べたことあるし。エヘ (・・。)ゞ




だから 正直 この地震が起きたとき 


上空からの捜索に助けを求めるとき


「どうするんだろうなあ」


とは思ってた。


中国語でSOSは「救命」だから


救命


って書くのかなあ


でも


一生懸命石並べても 文字がつぶれて 石の固まりにしか見えない可能性大


だから 狼煙温泉 でも あげるのかなあ なあんて思ってた。



中国人の書いたSOS は ミステリーサークルなみに謎が深いよ。たぶん






 









スポンサーサイト

ホームレスもこぞって募金?

地震から2週間。


ここ最近 地震の報道は


現地レポート」から


感動話」にシフトしてきてます。


こんな人あんな話 これでもかというくらい 


みたいな美談が湧き出てきます。



その一つがコレ。


「ホームレスの男性、7年のたくわえを地震被災者に寄付」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000020-scn-cn

この類 中国系のニュースで百度るといーっぱいヒット野球します。


これも










これも








ホームレスの方々が 


「わたしも生活は苦しいけど震災に遭われた方の方がもっと苦しんでるはず」


と言い残し「稼ぎ」を募金箱の中へ惜しげもなく入れていく。







さらに 身障者も













でもさぁ


こんな瞬間 募金箱にずっと張り付いてみはってる訳でもあるまいし





撮れるわけないじゃん ┐( ̄ヘ ̄)┌




って思ってしまうのは


決して私だけでは ないでしょう。



わたしがやなのは ひとつのニセモノが



ほんとに募金したのかもしれない善意までもつぶしてしまうこと。






もうさぁ


こんな お芝居じみたことでごまかさないで


はやく「」を報道して欲しいなあ。



と思ってた矢先







こんな報道も





















募金





ええ これは 「」です あは(^▽^;)





ショック!救援物資の中国的投下方法




テレビを見てて 


(  ゚ ▽ ゚ ;)


固まった。



ヘリから 段ボールに入った 


ペットボトルの水やら


カップラーメンを 次々 投下してます。


地上で大破することは 


メラメラを見るより明らかです。


自分が地上にいたら 恐怖だと思うんですけど。


空から降る ペットボトル 雨


逃げて~馬


ちなみにこの動画 中国サイトで堂々とアップされていたのに

この投下方法おかしくない?

という疑問の声があがったためか

速攻削除されてました。




日本の救助隊のコメント?

34:2008年5月19日 22時6分
  
  現場で活動してきた一人です。
  皆さんの言葉はありがたいですが、現在はただただ自身の無力感と
  悲しさしかありません。救助隊として活動していながら、よく考えると
  中国人の生きている方に触れないまま帰ってきていました。
  仲間には今回のことで精神的にまいり、離職を決めたものもいます。
  私は、いつか日本で起きたその時に、今回の無力な自分ではなく、
  少しでも命を救い、命に触れることができる人間になる為に、生きていきます。

  


中国の掲示板で話題になっている

日本人救助隊が書いたとされるコメントですが。

ソースは不明。 

タンマウオッチ






中国は三日間「悼日」として公共の娯楽活動を禁止した。


おととい 地震の起きた時刻午後2時28分に全国で3分間の黙祷が行われた。


わたしは 王府井の巨大テレビ前にいた。


そろそろと集まる人たち。


自発的に列を作らせる人。


胸に付ける花を作ってみんなに配る人。






そして 2時28分


黙祷


人々は祈りを捧げ


車はクラクションでそれにこたえた。


その3分間


街が止まった。







いままでにこんな光景見たことある。


そう


ドラえもんのタンマウオッチだ。


漫画で読んだ時は わくわくするような夢の道具だと思っていたけど


現実に目の前に広がるその光景は あまりの静けさに鳥肌が立つようなものだった。





人間やモノ 常にうねっている中国が今止まっている。


どろっとした空気もこの瞬間ぴぃーんとなった。


3分の黙祷が終わると みんなさらさらとその場をあとにした。





そして さっきまで泣いていたクラクションが


怒鳴りつけるようなそれに戻った。


















検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。