FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い壁

「愛国心」

いま中国のテレビでみんなが念仏の様に唱えるこの言葉。

チベットの一連の騒乱が一転

すっかり中国団結ムード一色だ。


今日も わりとよく見る

「新聞調査」

という番組で

「旧チベットの封建制度」

という特集を何回も繰り返し繰り返し放送してた。



内容は 簡単にいうと

「旧チベットは奴隷制度がはびこっていて90%以上の
民衆が人間らしい生活を送れてなかった。
そんなチベットを中国が解放してあげたんだよ」

というようなこと


専門家とチベット人のインタビューと資料映像を交えた構成。

専門家は漢族もいればチベット族もいて

いかにも

「ほら公正でしょ」的なアピール。


チベット人のインタビューは

「私のおばあちゃんは奴隷でした。ある日領主の帰りが遅く
門を開けるのが遅かっただけで殺されました。」

とか

いかに旧チベット時代に虐げられてたかをアピール。



資料映像は

純粋な「資料」ではなく「プロパガンダ映画」からの流用。

反日ムードが盛り上がってたときにも

まるで当時の映像のように抗日映画を使って問題になったけど

やっぱり使うんだ。嘘っぽくなるだけなのに (ノ´▽`)ノ






番組が終わった後のスポットCM

「美しい新しいチベットを作っていこう!」

だって。

うそくさ ( ̄□ ̄;)




北京に来たばっかりの頃 

授業中 

「チベットはおよそ50年前中国に侵略された」

って例文作ったら 

「文法はあってるけど 内容は間違ってますね」

だって(  ゚ ▽ ゚ ;)


そういえば こないだも 

中国人の友達に

「チンギスハンは中国人だ」

とまっすぐに主張された時は

自分と彼との間に乗り越えられない

「壁」

を感じたなあ。 



















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。